Newヘッダー_Top_2016_06.png

ウォーターマッサージベッド

リハビリ等治療機器・ウォーターマッサージベッド

img_water-bed_3.jpgウォーターマッサージベッド水で刺激し高齢者にやさしく、オゾン付きウォーターフローメディカルセラピー。 血液循環の改善・促進、筋の緊張や痛みを除去・軽減させ、治療促進を行います。「水圧刺激」という新しい発想から生まれたウォーターベッドタイプの全身治療システムです。 「水」ならでわの独特の刺激と浮遊感、そして開放感。 血行促進などの一般的なマッサージ効果に加え、上質なリラクゼーション効果が期待できます。 ストレス解消、リハビリステーションの応用、心と体のリラクゼーション・血液循環の向上、筋肉の疲労物質の除去、末梢の血行促進 などの症状におすすめです。




SSP(経皮的ツボ電気刺激)療法

リハビリ等治療機器・SSP(経皮的ツボ電気刺激)療法

img_ssp_4.jpgSSP(経皮的ツボ電気刺激)療法 SSP(経皮的ツボ電気刺激)療法 SSP療法は、「刺さない針治療」の低周波刺激療法です。 自由な体位で治療ができます。 特殊な金属電極を用い”ツボ”を刺激点しているところが、この治療法の最大の特徴であります。 電気刺激にて筋肉を動かします。 1.鎮静効果(痛みをやわらげる効果) 2.痙性抑制(筋肉の緊張が高くなった状態の緩和及び抑制) 3.末梢循環改善(血液の流れを改善) 4.創傷治療(筋肉や腱、靭帯などの治癒) 5.骨癒合促進 6.廃用性萎縮予防(動かさない為に起こる筋力の低下を予防) の効果があります。 Silver spike points(SSP)という金属製の特殊な電極を皮膚に吸着させ、低頻度の低周波電気刺激することで疼痛の緩和と局所血流の改善を促す効果があります。 この電極は、鍼麻酔に由来したツボ(経穴)を治療のターゲットにしているのが特徴です。 また、ツボに限らず、圧痛点やトリガーポイントを刺激することができます。 治療は疼痛ばかりではなく、ストレス緩和やリハビリテーションの分野にも用いられています。 刺激を始めてから、2-3分経つと鎮痛効果が現れ、刺激をやめてから、数時間にわたって効果が残ることも珍しくありません。 SSP療法は、患者に安心感を与えるupdateな治療法です。




マッサージ椅子

リハビリ等治療機器・マッサージ椅子

マッサージ_2.jpgマッサージ椅子頑固なこりと痛みには、患部を直接もみほぐしてくれるこの装置がおすすめ。 かたくなった筋肉を、マッサージします。 首からふくらはぎや足のツボまでを心地よ~く刺激。 マッサージに加えて牽引もしてくれますので、終わった後は体がイキイキとしてきます。 こんな症状の方におすすめ ・全身がだるくて疲れやすい ・よく眠れない ・肩こり、腰痛、関節痛、膝痛がある ・冷え性からくる手足のしびれ ・便秘、頭痛 ・イライラする気分が続く ・胃腸が弱い ・血圧が高い ・更年期障害 ・自律神経失調 ・成人病予防 など




AED

リハビリ等治療機器・AED

AED_1.jpgAED心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。 AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。 心室細動は、心臓の筋肉がけいれんをしたような状態になり、全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。 心室細動の唯一の治療法が、除細動器(AED)で電気ショックを与えることだと言われています。 電気ショックは心室細動であれば、どんなときでも成功するものではありません。 時間との勝負です。 傷病者の近くにいる私たち一般市民(バイスタンダー)が一分一秒でも早く電気ショックを行うことが重要です。



透析装置

リハビリ等治療機器・透析装置

透析装置_01.jpg透析装置外来維持透析を午前(8:00~)と午後(13:30開始)の2サイクルが基本スケジュールにて、月曜日から土曜日まで実施です。 水は逆浸透水処理装置(RO装置)により透析水を作り、透析液調整装置によりRO水で透析用粉末薬剤を溶解します。 コンソール(透析器)により血液透析を行う際に、透析液流量、温度、静脈圧等をモニタし、目標とする除水量、除水速度となるように透析液の供給を調節します。 光学式非観血連続的ヘマトリックモニターにてHct(ヘマトリック値)測定により、透析前の患者様の体液状態を把握し、透析中に発生し得る各症状の予測。 患者様の状態にあわせた血液洗浄法を実施してます。環境:全てのソファーを、南向きの窓に向けて配置していますので、外の景色を見ながら透析が受けられます。(当院透析患者様に、好評です。) 安全:震度7に耐える耐震設計の1階にありますから、安全度は高くなっています。